ワンパクである。それもハンパではない。

勘のいい方はタイトルからお察しの通り、VW GOLF5GTI購入をきっかけに立ち上げたblog。車に限らず、興味を持ったものはなんでも題材にする予定。

九州一周旅行(2)


 3日目(2009/7/28)
 高知〜別府



翌日目が覚めると天気は快晴とはいかないまでもなんとか持ってくれそうな雰囲気。
ホテルで簡単な朝食が付いていたので、チェックアウトの準備を整えて部屋を出る。

おっと、食事の前に駐車場で車を確認しておくことにしよう。
幸いなことにお隣さんはまだお出掛け前のようだったので、空いている別のスペースに車を移動し、
ついでに荷物も放り込んでホテルに戻って朝食。
朝食を終えて戻ってきたら既にいなかったのでちょうどいいタイミングだった。

まずはホテルから程近い「はりまや橋」を観光に。
歩いて行っても良かったんだけど、今日はスケジュールがかなりきついので、
車で出てそのまま次の目的地に直行することにしました。

さてこの「はりまや橋」
前日ネットで調べた限りでは「日本三大がっかり名所」のひとつだとかなんとか。
ちなみに残りの二つのうち、一つは札幌時計台、もう一つは諸説あるが、沖縄の守礼門が有力候補のひとつらしい。札幌の時計台はスキーシーズンに毎年のように見ていたし、まだ記憶も定かでない幼い頃に守礼門に連れて行ってもらったことがある(らしい。サトウキビかじったことと海が緑でたまげた事しか記憶にない。)ので、これで「三大がっかり」を制覇することになるわけだ。


 高知市外には路面電車が走っていて
 なかなか風情がありますが
 はりまや橋がある交差点は高知市内でも
 最も交通量が多いところ


 そんな中に奴は突然目の前に現れた


うーむ。これは噂にたがわぬがっかりっぷり。見事。
橋自体も新しく造り直されたもので日光江戸村もかくやという風情のなさ。
正直な話、札幌の時計台はそんなにがっかりしなかったんですよ。
でもこいつは…

高知観光で時間がなかったらすっ飛ばしても後悔しないと思います。以上。


さて、気を取り直して次の目的地である桂浜に向かいます。
はりまや橋からは車で30分もかからない距離。


 坂本竜馬が海に向かって聳え立っています


 ただの砂浜って言えば砂浜なんですが
 岩にあたる波の音を聞きながら散歩するのは
 なかなか良かった
 観光客で混む前の早い時間がお勧め


予想以上に長居してしまったので、次の目的地へ急ぎます。
実は次の目的地が高知入りした真の目的といっても過言ではない。
某有名北海道ローカル番組で「四国一美味いうどんを食わせる店」と称された
いろりや」へうどんを食いに行くぞ!
バカじゃねぇかとか言うな。十分自覚している。


 そういえば高知市内では
 こんな風に「おまちください」と表示の出る
 信号機をいくつか見かけました
 珍しかったのでパチリ


四国の道はとても走りやすい。
関東平野ではとんとお目にかかることができない山々をバックに快調なドライブが続く。
そうして車を走らせること2時間半、ちょうど小腹もすいてきた頃に「いろりや」到着。


 この看板が目印


 お店の入口


お店に入ると自分以外には数組の客。
冷やし天うどん大盛と、せっかく高知に来たので旬ではないが鰹のたたきを注文
注文をとってくれた女の子が奥に引っ込んだと思ったらすぐに戻ってきた。

「鰹のたたきなんですが、今から焼きよりますんでちょっと待ってもらっていいですか?」

焼きよりますんでという台詞に異国の地に来ていることを実感しつつ快諾して待つ。
待つことしばし、まずはうどんが運ばれてきた。


 このつやと角が立った美しいうどんはどうだ

出汁はほんの少し酸味があり、粗めに卸した大根がたっぷり入っている。
もちろん天ぷらも揚げたてでボリュームも満点。
期待通りのうまさに大満足。
本気でもう一杯大根ぶっかけあたりを頼もうか迷ったほどだ。
しかしこちらはただひたすら運転する身。カロリーを消費する機会がないのだ。
これから出会うであろう美味いもののために泣く泣くあきらめることにした。


 鰹のたたき
 自分のためにわざわざ藁を焼いてくれたらしい

「焼いたばかりだからまだぬくいけど、ぬくいのもうまいけんね」とおばちゃんが声をかけてくれた。俺の実家では鰹のたたきといえばみょうがをのせて食べるのだが、ここは玉ねぎのスライスと青ねぎのみじん。旬を外しているとは思えないほど血なまぐささがなく、これまたうまい。会計のときにお店の主人と少し話をしたら、なんと千葉県に妹夫婦がやっているお店があるとのこと。今度行ってみることにしよう。

お店を出て愛媛県の八幡浜に向けて出発。
観光ルートには予定していなかったのだが、途中で見覚えがある風景に遭遇。


 岩間の沈下橋

四万十川は雨が降ると水かさが大幅に上がることが多いため、橋が沈んでも流されてしまうことがないように、あえて欄干を作らない橋が点在している。この岩間の沈下橋は写真撮影のスポットとして有名らしい。見覚えがあったのは、つい最近見たフリーペーパー「ahead」で高知の特集をしていたのを読んでいたからだったのだ。


 せっかくなのでちょっと寄り道して記念撮影


 橋の幅は狭い
 「転落事故多し、注意。」の看板も


そこからは愛媛の八幡浜から大分の別府に向かうフェリーに乗る為に北上。
八幡浜に近づいたところで佐田岬による時間があるかを調べていたところ、
佐田岬の先端の三崎というところから大分の佐賀関に向かうフェリーがあるのを発見。所要時間は半分以下、お値段も3分の2程度、ついでに佐田岬の観光もできる(佐田岬には佐田岬メロディーラインという日本百名道のひとつがあって、そこを走ってみたかった)と一石三鳥。電話番号を調べて空きがあるのを確認した後、目的地を三崎に変更。


 三崎のカーフェリー乗り場
 奥に見えるフェリーに乗り込む
 入り口が開いているのが見えますね


 フェリーから佐田岬灯台を望む。
 三崎から佐賀関までは70分の旅路。
 さようなら四国、こんにちわ九州!


佐賀関といえば関サバ、関アジで有名なところ。実は下関だと思っていたのはここだけの話にしておいて欲しい。美味さも絶品だがお値段も絶品という噂を聞いていたので、ナビで見つけた道の駅でならお手ごろな値段で食べられるのではないかと思い立ち寄る。
 …が、18時までしかやっておらず撃沈。この時点で時刻午後7時。仕方がないので本日の宿である別府のビジネスホテルに向けて車を走らせる。(本当は別府の宿泊は温泉宿でしっぽりといきたかったのだが、お一人様設定がある温泉宿はほとんどなく、やむなくビジネスホテルにした。)
 ビジネスホテルに到着し、フロントの人に一人で入れて魚が美味い居酒屋を聞き出し、別府の街に繰り出す。入ったのは「こいのぼり」という居酒屋。


 メニューに旬と書いてあった関アジを注文
 2300円なり。高けぇ。
 脂の乗りは普通だったが、
 身が締まって歯ごたえが凄い!


 大分名物とり天
 ポン酢とからしでいただきます。
 まぁ想像通りの味。美味い。


 これも大分名物「だんご汁」
 てっきり団子だと思っていたら
 ほうとうに近い平たいうどん状のもの。
 想像していたより量が多く、難儀したが完食。

お通しで出てきた「りゅうきゅう」がかなり美味かった。
ほろ酔い気分で店を出て、ホテルで(一応)温泉に浸かって就寝。

【フェリー代】
三崎〜佐賀関 8,460円

【本日の走行距離】
342km


コメント

鰹の刺身に生にんにくの薄切りを添えて、
一緒に食べるのも絶品だよ!←土佐出身の人に教えてもらった。

沈下橋こえ~!

流石関アジ高いね〜
寿司屋で関アジ関さばとか偶に食べるけど、妙に安いのよね〜
オレが食ったのは偽者かな(爆)

> kenさん

生にんにくのスライスと鰹はやったことあります!
美味いけど人と会う前には食えませんね(笑

関アジは別府だったので観光地価格だったのかもしれません。
滅多に行くところじゃないから、つい財布の紐が緩んでしまいました。
それでも注文するときはかなり葛藤しました…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック

http://his.dtiblog.com/tb.php/245-4e0e6bb1

【2009年8月】いろりやへのご来店、ありがとうございました♪

Inakazamurai-Kです。 『いろりや 』へご来店いただいたお客さまのブログから、 2009年8月に公開された記事へのリンクを紹介させていただきます。 みなさま、夏休みの暑い中お越しいただき、誠にありがとうございました_(。

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

Calendar

11 | 2017-12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Appendix

ひろ@黒GTI

ひろ@黒GTI

車暦はファミリア(BFMR)→MR2(SW20・3型)
→MR2(SW20・5型)→GOLF V GTI
小さくてキビキビ走れる車が好き。
生粋のMT派。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks