ワンパクである。それもハンパではない。

勘のいい方はタイトルからお察しの通り、VW GOLF5GTI購入をきっかけに立ち上げたblog。車に限らず、興味を持ったものはなんでも題材にする予定。

オートソック

AS.jpg

冬場によくスノーボードに行く私にとって、FF+スタッドレスだけというのは非常に不安があります。
今までは4WD+スタッドレスでチェーン非携帯というのが私のスタイルだったのですが、
知人のFF車で出掛けたときに何度か動けなくなったことがあります。
幸いにもいずれの場合もチェーンがあったので事なきを得ましたが、
カチンコチンの凍結路面の上り坂で止まってしまうと
FF+スタッドレスでは登れなくなってしまう場面があるのです。
LSDがついていれば若干は違うのかもしれませんがGTIには一切LSDの類がついていません。

チェーンは16インチにサイズダウンすればディーラーで対応しているものがあるらしいのですが、
価格は5万円近くした記憶があります。
(あまりの高さに、聞いた瞬間に記憶の隅に追いやられてしまったため良く覚えていない)

そこで気になっているのが最近いろいろなところで話題になっているオートソックです。
で、スタッドレスで動けなくなったときにコイツを出動させようと思うのですが、
実際のところ効くんでしょうか?
なんとなーくその頼りない風貌を見る限りでは
普通のタイヤをスタッドレス程度に高めてくれる程度の働きに過ぎず、
スタッドレスで動けないようなミラーバーンでは効かないのかなーなんて思ってしまいます。

基本的にはFF+スタッドレスでもほとんどのところは走破できると思います。
チェーンを巻かなければいけなくなったときというのはにっちもさっちも行かなくなったときなんですね。
スタッドレスでズリズリすべり始めて「こりゃいかん!」と
おもむろにオートソックを取り出して装着して発進したときに
ズリズリ滑って「こりゃいか〜ん!!」じゃ全然お話にならないわけです(^^;

つまりコイツにスタッドレス以上の走破性があれば「買い」なんですが、
それを実証してくれるような記事をネットで探しても見つからないんです。
かさばらないし、装着も簡単そうだし、値段も手頃でクリアランスの心配もないと
効きの心配以外は文句の付け所がないんですが・・・。

誰か北国の方、人柱になっていただけませんか・・・?(笑

人柱とまでは冗談として、どなたかスタッドレスより効くor効かないなんていう
情報をご存知の方は教えてください。(真剣に)

VW G5OC オフミ

VW G5 オーナーズクラブのオフミが川崎マリエンにて開催されました。

写真は・・・まだPCに取り込んでおらず、orangeさんのところに上がっているので、今日は割愛します。
本日参加できなかった方のためにざっとミーティングの実況をお送りします。


私は5分程遅れての到着となり、いくつかあるうちのどこの駐車場にいるのか不安だったのですが、
マリエンに入って回りを見渡すと、いるわいるわG5の群れが。
自分以外のGTIをディーラー以外で見たことなかったのですが、
まさかデビュー戦にこんな強烈なやつが来るとは・・・(^^;

幹事のorangeさんをはじめとした数人の方と軽く挨拶を交わして回りを見渡すと、
とりあえずは車を並べて各自他車の気になる部分をチェックしているようです。
パドルシフトを始めとした'05〜'06の違いをチェックする者あり、
ステッカーや各種カスタマイズをチェックする者あり、
他車の革シートの傷み具合を確認する者あり(笑)

やはりGTIはまだパーツが出揃っていないので、カスタマイズは後付のパーツを使ったものは少なく、モディファイが多かったです。
私の暫定GTIエンブレム赤化ですが、意外にも今回のメンバーでは私以外にやっている方がいなかった為か、覗き込んで行く方が結構たくさんいらっしゃいました。適当に貼ったものなので仕上がり悪くてすみません・・・。

その後も順調に集まり続け、最終的にはG5(GTI、GTX、GT、E)で22台+少しの時間でしたがG4も1台の大所帯になりました。

メンバーがあらかた揃ったところで円陣を組んで各自自己紹介。
・・・え〜ごめんなさい。
とても20人超の顔と名前を一致させることは出来ませんでした(^^;

その後9Fの展望レストランへ移動し、食事をとりながら車談義に花を咲かせる。
同席になった方々、その節はお世話になりましたm(__)m
ここで幹事のorangeさんがdominoさん作成のOCステッカー原案を持ってテーブルを回って意見を聞いていました。
dominoさんはなんらかの形でこのオフミに関わるとおっしゃられていたのですがこういうことだったのですね(^^)
どれも捨てがたいデザインで出来上がりが非常に楽しみです。
ここでVWマークをステッカーに入れたいという話が上がってましたが、
著作権とか登録商標とかの絡みで「大丈夫か?!」って話になっていました。
ご存知の方ご教示いただけませんか?

その後ボンネットを開け、'05と'06の細かな違いや'05MT同士での違いなども発覚し、同車種オーナーの集まりならではの情報交換もできました。
ここで誰の提案だったか色別に車を並べ替え、V字に並べて写真撮影とあいなりました。
整列作業は初めてとは思えない手際の良さで
列の先端を合わせる者とドライバーに指示を出す者とが分担して行われ、
あの写真の様子が完成となるわけです。
並べ終わったときには9Fの展望レストランで写真を撮っている方の姿も見受けられました。
警備のおじさんも興味津々でこちらを眺めていました。
駐車場が空いているときに限られた荒技です。
OCのオフミでいつでもというわけにはいきませんね(^^;

ここでその後用事があった私は帰宅の途につきました。

気がついたら銀GTIが後ろを走ってこられていたので、その後すぐ解散したのでしょうか?
ハザードで挨拶しようと思いましたが、顔が見えなかったのでOC参加者でなかったらこっ恥ずかしいので、やめておきました。
参加者の方でしたら申し訳ない・・・。

お天気にも恵まれ楽しい集まりでした。
パーツが出揃って人柱が増えた頃にもう一度開催しましょう(笑)

洗車

26日のオフミに向けて本格的に洗車したんですが
気付かないうちにいろんなところに小傷がついてました。
そのうち気にならなくなると思いますが、
買ったばかりだとやはりへこみますね。
払った325万がどんどん目減りしていくようで(^^;

走れば傷つくなんてのは頭ではわかっているんですが
まだ本能的に受け入れ態勢が出来ていないようです・・・。

厚着が多くなるこの季節、チャックのついた洋服は乗り降りの際に要注意です。

Iがなくっちゃ?!

GTI014.jpg

patariloさんのblogにあったGTIエンブレムのIの部分にカッティングシートを貼る小技を試してみました。
3Mのカッティングシートを探しましたが全然みつからず、
しかもいい具合の赤が見つからなかったのでしかたなく蛍光ステッカーの赤を買ってきてやってみることにしました。

しかし、ここで衝撃の事実が!
買ってきたシートは15mmしか幅がなく、うちに帰ってきてからpataroloさんのblogを確認したところ
幅は17mm必要ということじゃないですか!
当然寸足らずなので全然ダメです。
探しに探してもう一箇所でいい具合の赤のシートを売っているところを見つけましたが、
50cm四方単位という途方もない大きさでしか売っていなかったため、
とりあえずということで先ほど買ってきた反射シートで3分割で作ってみることにしました。
何枚か試作してみたところ、横の棒は4mm×17.5mm、縦の棒は6mm×16mmが一番しっくり来た感じです。
しかしながらいかんせん3分割なので出来は最悪です。
しかも夜は光りすぎて悪目立ちします・・・。

来週のオフミまでに作り直している暇もないのでこのまま行きます。
まぁ物笑いの種にどうぞ(^^;

グアムの自動車事情

友人の結婚式に参列するためグアムに行ってきました。
初めてのグアムだったのですが天気も良く、非常に良い式で来月に挙式を控えた私としても感無量でした。
私は国内なんですが、海外挙式も悪くないなと今更思ってみたり。

せっかくなんでグアムの自動車事情でも。
挙式が終わった翌日、新郎とその悪友2人(私も含む)はレンタカーを借りて市内に繰り出してみました。
レンタカーはカローラだったのですが、なんだか向こうのカローラはやけにかっこいいです。
GUAM001.jpg GUAM002.jpg GUAM003.jpg

走りもいやに良かったので不思議に思ってボンネットを開けてみたら1ZZ-FEのVVT-iが納まっていました。日本だとセリカとか今はなきMR-Sなんかに積まれていたエンジンです。道理で元気がいいわけだ。
左ハンドルですがウインカーはちゃんと左に移されていました。
日本のメーカーはこのへんちゃんとやるんですかね。
日本に入ってきている右ハンドル車が軒並みウインカーが逆なので輸出車もそうだとばかり思ってたんですが・・・。

道路に出てみるとまぁとにかく日本車が多いです。感覚的には8割は日本車です。
トヨタ、ホンダ、日産がかなり走っています。アメ車よりもはるかに多いです。
基本的にノーマルで乗っている人が多く、いじっている車はごく少数でした。
いじっている車もエアロとマフラー入れてるのにホイールは鉄チンだったり、センスは若干日本と異なるようです(^^;
(↑この組み合わせ、数台見ました)
その他の外車ではKIAを始めとした韓国車が少々、ドイツ車はBMWが僅か、メルセデスはさらに希少、我らがVWは・・・なんと滞在中1台も見ませんでした(T-T)

スモークは運転席・助手席はあたりまえ、フロントガラスも貼っている車も結構いました。
さらにサングラスをかけて運転しているありさまなので、ちゃんと見えているのか?!という感じです。
暑いので仕方がないんでしょうね。
ガソリンは1ガロン(≒3.8リッター)で2ドル50セント位なので今のレートだと60〜70円くらい。思ったより高かったです。
向こうでは日本車の方が車両価格は高いらしいですが、燃費がいいのでみんな多少無理をしても日本車を買うそうです。

レクサスのディーラーもあり、日本ですら走っているのを見たことがないGSをグアムで目にすることとなりました。
ものすごい富豪が乗っていそうです・・・。

オフミ

GTI013.jpg

11/26にVW GOLF5&GTI オーナーズクラブのオフミが開催されます。

当初箱根を予定されていたので、歴戦のつわもの達に
「コーナー2個も抜けたら米粒にされる」事態を想定して
ガクガクブルブルだったのですが何事もなさそうな川崎マリエンになり
ちょっと残念なようなほっとしたような複雑な気分です(笑

今私のGTIつながりと言えばblogつながりの方ばかりですので
いろいろな人にお会いできそうで非常に楽しみです。

ここで一つ告白があります。
私、人の名前と顔が全然一致しないのです。
もう名前を聞いているのにもう一度聞いたり、同じ話をもう一度し始めても大目に見てください。(^^;
決して酔っているわけでも、もうろくが始まっているわけでもありませんので・・・。

おびただしい数のGOLF&GTIをご覧になりたい方は川崎マリエンで僕と握手!(違

賛否両論あると思いますが

GTI012.jpg

最近よく耳にするVWの品質低下ネタ。
今月のMotorMagazineのVW特集などを読んでいるとそんな現実は全く感じられないわけですが・・・
自分なりにどうなんだろうとちょっと整理してみることにしました。

まずVWが昨年経常赤字を出し、体制を大きく作り変えている事実は動かしようがありません。
人を削減し、コストを切り詰め、増収できないまでも増益しなければ企業としての存続が危うくなります。
これは企業である以上行わなければならないことで、ここまでは全く問題はありません。
最近VW車の随所に見られるコストダウンはこれが形となって現れているものでしょう。
それは南アフリカ工場のラインであり、本国の人員削減であり、LUPOの生産中止です。
(LUPO、特にGTIはいわゆる原価が高く採算が取れていない車だそうです)
GTIにしてもフォグや灰皿のフタなど、'06モデルからコストダウンされた部分が見られます。

コストダウンのための品質低下。
これはあってはならないことだと声高に叫ぶのは簡単ですが、別にトヨタでも普通にやっていることです。
私はMR2を2台乗り継ぎましたが、最終型である5型はいたるところでコスト削減が見られました。
エアバッグやABSを標準装備にしつつ値段を据え置くためにいろいろなところで品質が落ちていました。
サイドブレーキの革巻が省略されたり、内装のいろいろな部分も素材が変わっていたようです。
同じことをVWでもやっているのでしょうが、コストを切り詰める部分を間違っていると思うんですね。
トヨタの場合、ステアリングやシートの素材に私が感じる限りコストダウンは見受けられませんでした。
シフトノブもしかりです。長く触れる部分にはしっかりとコストをかけています。

・・・もちろん部品が斜めに付いているようなことはないですし、タッチペンで直した後もありません(^^;
(↑コレはさすがに論外で開いた口がふさがりませんが・・・)

ただし、トヨタがコスト削減を見誤った例が私の知るところで過去にありました。
マーク2三兄弟が80系から90系にフルモデルチェンジしたときです。
80系はバブル絶頂期に設計された車で内装には相当なコストが投入されていたことが容易に想像されます。
レビンで言えばAE92の頃です。あの時代の車の内装は本当にお金がかかっていました。
丁度そのころ、うちの親父殿が80系から90系に乗り換えたのですが
その内装といったら素人の私が見てもそれはひどいものでした。
もちろん天下のトヨタがやることですから耐久性には問題ありません。
事実現在でも90系は内装のヤレもそれほどひどくはなく、劣化は少ないと言えるでしょう。
ただ、売れ筋のグレードの車同士を80系と90系で比較すると、
インパネの材質は安っぽいプラスチッキーなものに変わり、
ステアリングもシフトノブもウレタンの素っ気無いものになっていました。
2.5リッターのミドルアッパーセダンなのに、です。
(ツアラー系はお値段も高かったのでそれなりの素材を使用していましたが・・・。)

それではいけないということに気が付いたのか90系から100系にフルモデルチェンジを行った際には劇的な向上が見られました。安い素材を使って上質に見せる技術が進化して来たとも言えます。
消費者の声がどうだったのかまでは知りませんが、何かしらの物議は社内でもあったのではないかと推測しています。

今のVWは効果的なコストの落とし方を試行錯誤している変遷期のような気がします。
GTIの価格設定を見て、皆さんも思われているかもしれませんが、
内容からするとかなり破格な値段だと思います。
それこそ血のにじむような努力をしてコストを落とした結果だと思うのです。
コストを落とせば間違いなくどこかの品質は落ちます。
コストを落とさずに品質を維持するには余程の大量生産か原価の改定以外には不可能でしょう。
ただ、VWはことGTIに関してはエンジンと足回りについては妥協をしていないと私は感じています。
彼らエンジニアにとって走る、曲がる、止まるの基本構成要素はどうしてもコストを落として妥協をすることが出来ない部分だと考えているのではないかと。
そのしわ寄せが組み付けや内装に行っても、それは確信犯なのかもしれません。
一つ読み誤っている部分があるとすれば、諸外国はともかく、日本のマーケットは組み付け・内装に関してそれほど寛容なマーケットではないということを考慮しきれなかったところにあるのではないでしょうか。

最近私はこう考えるようにしています。
不具合が起きたところを直しながら長く乗るというスタイルは輸入車を買ったときから覚悟は出来ている。買った値段が破格だったのだから、その分お金をかけても損はしていないはずだ、と。
実際この価格でこの走りをする車は私の拙い車人生では見当たりません。
それだけのバリューのある車だと思っています。

もちろん不具合についてはディーラーに報告し、直せるところはガンガン直して貰いましょう。出来る限りタダで。
悲鳴をあげたディーラーのメーカーへの悲痛な叫びが、明日のメーカーの姿勢を少しでも変えてくれるかもしれません。
私は自他共に認めるポジティブ・シンキンガー(笑)ですのでこの考え方が肌に合わないという方もいらっしゃると思いますし、実際にひどいトラブルに見舞われている方などはそんな甘いもんじゃないと憤慨されると思います。

車は安い買い物ではないですし、GTIという趣味性の高い車を買う方はこだわりも人一倍でしょう。
でもせっかく惚れ込んで購入した車、ちょっと見方を変えて、10年後に「あの頃と比べると随分良くなったじゃない」なんて言いながらGOLF7か8のGTIにでも乗っていられればなぁなんて思っています。

皆さんはどうお考えでしょう?
実際にトラブルに見舞われている方は別として、
先入観抜きで考えたときに価格と品質のバランスに疑問を感じる瞬間がありますか?

エンジンオイルあなたはどっち?

GTI011.jpg

VW推奨のエンジンオイルですが、
皆さんご存知のように15000km無交換OKのロングライフオイルとなっています。
(注ぎ足しは必要らしいですが・・・)
私もそうなんですが、国産から乗り換えた方はこのサイクルに違和感を感じる方、多いと思います。
しかもこのオイル、そこそこのお値段がします。
私は正直言ってオイルにはあまり頓着がありません。
というより高いオイルを入れてもフィーリングの違いを感じられないだろうと思っています。
峠を走り回るでもなく、サーキットに行くわけでもないのでオイル管理は自分でも甘いと思ってます。

そんなわけで前車MR2でもオイル交換のサイクルは
ディーラーに置いてあるカストロールの部分合成油を5000km毎、フィルターは10000km毎に換えていました。
それで16万キロ乗りましたがエンジンは手放すときも絶好調でした。

いろいろ調べてみたところ確かにVWの503規格のオイルは品質はよさそうです。
それでも15000km交換なしっていうのは正直抵抗があります。

結果、私は新車時から2000kmで金屑除去のために一回、5000kmで早めにもう一回交換しました。
実はこの2回の交換は503ではなく501規格のオイルを使っています。

結論:「俺には違いがわからない!(爆」

そんなわけで501規格をこまめに(と言っても5000km毎)換えていこうかと思っています。

「オイルに凝らないことが最良のオイル管理である」

これが私の結論になりつつあります。
車好きの風上にも置けませんね(^^;

異論反論賛成論、エンジンに引き続き皆さんのご意見聞かせてください。
特にロングライフ派の方の「決め手」になった考え方を聞いてみたいです。
影響されやすい方なので、私の想像もつかないような根拠でロングライフを使っている方の意見を聞いたら、ころっとロングライフ派に転向するかもしれません(笑

エンジン

GTI010.jpg

ここでも書いているし、他の方のblogでも散々書かれていますが、
GTIのエンジンは低回転から非常にトルクフルで街乗り程度では高回転まで引っ張る必要がありません。
2000rpmも回っていればどこのギヤからでも
図太いサウンドと共に「トルクに乗る」感覚を味わうことが出来るシロモノです。
で、低回転域を多用していると非常に燃費も良いので
ガソリン高騰のこのご時世、回さずにおとなしーく走っているわけです。

ここでふと思ったんですが、
「エンジンは回さないと回らないエンジンになっちゃうよ」
なんてことを車好きなら一度は聞いたことがおありだと思います。
こういう使い方って、長い目で見てエンジンにどういう影響を与えるんでしょう?
当然車は一台しかありませんから、回して乗ったエンジンの50000kmと、
回さず乗った50000kmを比べる機会もそうそうないわけです。

慣らしが終わるまでは規定回転数まで意識的に回すようにしていましたが、
慣らしも終わった今、2500rpm以下の使用率が異常に高いです(^^;

詳しい方もそうでない方も、持論をお持ちの方、尊敬している人の言葉を座右の銘にしている方、
いろいろな方の意見を聞いてみたいです。コメントいただけると参考になります。

モーターショー その3

TMS009.jpg

平日はGTIネタがないので引き続きモーターショーの話題など。

・フェラーリのカタログ
晴海でやっている頃から毎回欠かさず行っているモーターショーですが、
フェラーリのカタログはいつもいつももらえませんでした。
それが今回運良くついにゲット!!
と思ったら夕方になってもまだ配ってました・・・○| ̄|_
そんなに豪華なものでもなかったし質を落として部数を増やしたのかな?
確かにここでパンフレットを貰った人の中でフェラーリを買おうと思い立つ人は皆無だと思いますが・・・(^^;

TMS008.jpg

・フェラーリブースの謎
前回も今回もフェラーリブースの中にはなぜか明らかに関係者でない方がいて
実車を触ったり乗り込んだりしている人がいるんです。
私が見たのは2回とも家族連れでした。
想像するに購入が決定しないと輸入できないような車種の場合、
「モーターショーのときに来ますので、会場でもよろしければご覧になりますか?」
って感じの見込み客なんだろうかと。
そう考えるとGパンTシャツでも金持ちそうに見えてくるから不思議です。
私もあの場に入って訳知り顔で乗り込んだりしていたら回りの人達に
「やっぱ金持ちそうだよな〜」なんて思われるのでしょうか。
ちょっと実験してみたい気もします(笑

・桁が・・・
私がある意味一番ぶったまげた車がこれです。
TMS010.jpg

フェラーリ様もメルセデス様もメじゃありません。(価格的に)
163,000,000円です・・・
いちおくろくせんさんびゃくまんえんです。
消費税だけで750万。GTIが2台買えます。
0-100km/hは2.5秒だそうで。迂闊にアクセルを開けるとムチ打ちになりそうです(^^;

 | HOME | 

Calendar

10 | 2005-11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Appendix

ひろ@黒GTI

ひろ@黒GTI

車暦はファミリア(BFMR)→MR2(SW20・3型)
→MR2(SW20・5型)→GOLF V GTI
小さくてキビキビ走れる車が好き。
生粋のMT派。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks